設計 安藤忠雄×施工 竹中工務店

歴史と風格漂う、デザイナーズマンション「パラマウント六甲」。

満ち足りた暮らし、神戸「山の手」で。
パラマウント六甲

選ばれし者がたどり着く、揺るぎないこだわりと価値観。

東西を貫く山手幹線から、なだらかに北へ延びる小道を抜けると、阪急神戸線が見えてくる。さらに北へと歩を進めるにつれて感じる、雄大な山並みの迫り来る迫力は、急な勾配の変化さえも忘れさせる程の力強さがある。周辺の道路や街並は閑静で整備され、流れる川の水も美しく鳥のさえずりも心地いい。そんな穏やかな時間が流れる地に「パラマウント六甲」はある。
1993年に安藤忠雄建築研究所により設計され、1983年に第1期として完成した西側のザ・六甲アパートメントと共に「六甲の集合住宅」と呼ばれ、広く知られている。60度斜面の特徴を生かした象徴的な建物は、日本文化デザイン賞を受賞するなど、高い評価を得ている。周辺にある安藤氏設計の建築物は、ここから始まったと言っても良い。そして、緑豊かな環境とバルコニーから望む神戸の街並や、広大な大阪湾の眺めは圧巻である。
エントランス ホール 玄関 リビングルーム プール 眺望

文化・歴史・環境が織りなす、深みのある良質な都市。

神戸は南北を山と海に挟まれた風光明媚な都市。平成29年に開港150周年を迎える「海の手」では、
古くから海外との貿易が盛んに行われ、様々な国の豊かな文化や習慣を享受することで、発展を遂げてきたとも言える。
一方、「山の手」と称される六甲山南麓には、豪華な邸宅が立ち並ぶ、関西有数の高級住宅街が点在する。
概して関西圏における高級住宅地としては芦屋・西宮に代表されるが、神戸の都心からも比較的近く、
富裕層にも人気のある代表的なエリアとして、灘区の篠原地区が挙げられる。
高級住宅街 水質の良い周辺河川 閑静な高台の住宅街
パラマウント六甲物件概要